HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは生まれつき普通の人より敏感で繊細な人のことです。詳しくはこちら▶️

こまかいよ〜

差次感受性

HSPの人は「差次感受性」っていうのがすごくあるみたいです。

「自分の行動や考え方を分析して問題点を見つけ修復できるため、

その場に適応するように脳を変えて行動できる」って書いてありました。

簡単に言うと、脳を変化させれるんですって!粘土みたいに!

私すごおおい。あ、ごめんなさい。冗談です。

繊細で感受性が強いため、小さな音、かすかな匂い、こまかな変化などによく気がつくのもHSPの特徴だそうです。

私の父もHSPみたいなんですが、父は家の小さな変化にもすぐ気がつきます。

私は、ドラマとかを見てると「この撮影場所は違うドラマでも使ってたやん・・・。」って思うことが結構あります。

なんか、そんなところばかりに目がいってしまうので、

「リアル感ないー!ストーリー入ってこーへん!」って文句を言います。

母に「あんた何様やねん!(笑)」って言われるけど、

「お客様(視聴者様)や!」って言い返してます。

心療内科でもらうお薬は、頭がふわふわして感受性がにぶくなります。

耳がうるさくなくなるのは嬉しいんですけど、「こまかいことを観察して違いを見つける」という楽しみもなくなってしまいます。

だからお薬はできるだけ飲まずにいたいです。

差次感受性、HSPの方は一度調べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です