HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは生まれつき普通の人より敏感で繊細な人のことです。詳しくはこちら▶️

HSPの習い事

イヤー

私は小学生時代の習い事にいい思い出がありません。

今になって思えば、HSPだからだったんだなーとわかります。

特に、級を取るとか発表会とかが、向いてなかったと思います。

他人の視線がものすごくストレスになってしまうし

先生や保護者さんたちや、他の生徒さんの必死な感じが伝わってきて、

ミスをしてはいけない!って、すごい緊張しちゃうんです。

習いたいなあと思って始めても、

いつもこんな感じで中途半端に辞めちゃってました。

小学生の低学年の時、スイミングの体験教室にお試しで参加したんですが、

入会はしませんでした。

「先生もイヤ、メニューもイヤ、知らん子らもイヤ」

「全部イヤーー!!」って母に言いました。

スイミング教室は、雰囲気がほんまにムリって思いました。

だから私は、母と何日か市民プールに通って、

クロールと平泳ぎを教えてもらうことにしました。

レッスン最終日、平泳ぎで25m泳げるか挑戦してみようってなりました。

私は無我夢中で泳ぎはじめたんですけどゴールで待ってる母がどうやら爆笑してるっぽくて。

「なんか笑ってる。。?」と思いながらも、褒めてもらいたくて必死で泳ぎました。

がんばってゴールできた私に、母は

「プチ子さあ、息つぎの時さあ、肉まんにそっくりやで!」

って言ってきたんですよ!ゲラゲラ笑いながら。。

こんな感じで母に教えてもらうと、せっかくの達成感とかは台無しになります。。

むしろ暴言を浴びてプライドがズタズタになります。

でもスイミング教室に通うことにくらべたら、

何百倍もマシなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です