HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは生まれつき普通の人より敏感で繊細な人のことです。詳しくはこちら▶️

HSPなプチ子 不登校からの 立ち直り物語 1

ママはなんで私を産んだの?

プチ子は不登校から立ち直りました

今のプチ子は

おもしろい子です

家族はいつも 

プチ子の毒舌に笑ってます

不登校の時に

プチ子の価値観ががらっとかわりました

プチ子は

(私以外の)立派そうな人物に対する尊敬や

学校を善とする気持ちや

愛の物語に強く惹かれている子でした

プチ子にとって学校は

尊敬や善や愛のデパート

尊敬や善や愛の詰まった学校に

行けなくなった自分なんて

なんの価値もないと

自己否定しまくっていました

たぶん

思春期で脳が発達して

物心ついた時から

与えられるままに受け止め心酔していた

尊敬や善や愛ベースの価値観に

違和感を感じはじめた時期なんじゃないかなあと

思います

HSPの人が全員そうかどうかわからないけど

プチ子は序列に敏感です

自分のポジションがどのへんか

人のポジションがどうか

すごく敏感です

それまで

プチ子がつけた序列の

「自分の周りの大人 立派な人ランキング」で

私は最下位だったんじゃないかなあ

と思います

私は一般的な理想の母ではないので

学校に行けなくなったプチ子は

尊敬や善や愛しかない

よりどころない宇宙空間に

ひとりぼっちで孤独にさまよってました

もう この 変わり者のオカンの話

聞くしかないって

思ったんかもしれないですね

泣きながら

ママはなんで私を産んだの?

と聞かれた時は

「ヒマやったから」

と答えました

ごたいそうな理由なんかないよ

誰もそんな 意味あることしてないよ

子供産むことなんか

ヒマやった 本能がうずいた

そんなもんやで

あと 学校の先生とか

みんな ただのビジネスマンやで?

子供扱う専門家で

それで お金もらってる人や

やたら尊敬したり

怖がったり

せんでええねん

人は自分に整合性をつけたがるねん

物語が好きやからな

でもみんな

たいがい本能で生きてて

動物となんも変わらんよ

人が ただの本能を

人間らしく物語調に変換して

記録とか記憶する意味もちゃんとあるよ

ストーリーにつじつまがあってると

いちいち なんで?って疑問に思わんでいいから

体がスムーズに動きやすくなるから

だから自分の行動に整合性つけることも

すごく意味があって大事なんだけど

でもまあ

誰も人のためになんか生きてない

自分のために生きてるだけ

プチ子もそうしいや

尊敬や善や愛のためじゃなく

自分だけのために生きたらええねん

はちゃめちゃでも ええねん

そんなことを

カウンセリングルームファミマで

私はプチ子に

連日 言いまくっていました

カウンセリングの時は

プチ子は悩んだり泣いたり笑ったり

忙しそうでした

プチ子ならわかるはずや

って私は思ってました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です