HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは生まれつき普通の人より敏感で繊細な人のことです。詳しくはこちら▶️

今日は『ふつう』よりの『そう』

あ。しんどい。

こんにちは。

私は一年前、統合失調症に似た症状から不登校になりました。

幻覚とか、幻聴がありましたが、治療したら半年くらいで治りました。

今、心療内科の先生に、双極性障害(そううつ病)かもしれないと言われています。

私的には、これまでの学校生活や人間関係をふりかえって、

「そううつは持ってるっぽい」と感じています。

病気レベルはそんなに重度ではないと思っています。

個性としては、自分はHSPだと思っています。

そこで「HSP 双極性障害」で調べると

「HSP HSS」という、

HSPさんの中でもさらに珍しいタイプがあることを知りました。

興味がある方は調べてくださいね。

ますぶちみなこさんのブログ、

とってもやさしい文章でわかりやすかったので、のせときますね。↓↓

https://note.hapticweb.org/n/n4c36ebc1dac6

私もちょっぴり当てはまります。

が、まだ思春期だし、

これから性格や体質や環境がめまぐるしく変わると思うので。

もしかしたら、HSPでもHSP/HSSでも双極性障害でもない、

大人になってるかもですね?

単に今、ヘタクソな「思春期の脱皮」状態なのかもしれませんよね?

でも私はとーーっても怖がりなので、

自己分析をして、この生きにくさに備えています。

いやいやつーか。。

ぶっちゃけ『2学期の体育できるか問題』がさしせまってて!

どーしよ!なんです。

体育にトラウマがめっちゃあって、

考えたらマジで泣きそうです!

はあ。。ということで。。双極性障害日記を続けます。

気がついたこと、間違ってるかもしれないけど、書きとめます。

今日は「ふつうよりのそう」です。

「そう」駅から「ふつう」駅に向かい始めました。

なぜそう感じるか、というと、

朝起きたとき、体がちょっとしんどかったからです。

「しんどい」は、感覚が戻ってきてる証拠です。

「そう」の時は、感覚が繊細ではないんです。

ちょっとセンサーが飛んじゃった感じで、考えも鈍くて。

味覚もあまりなくて。。

勉強、する気になりません。本、読みたくありません。

「そう」の時、頭と胸がざわざわして、

ダーーって走り出したい気分になります。。

わかります?(笑)

あと、お買い物をしたら落ち着きそうな気分があります。

昨日、自分の部屋にソファとか座椅子とかが

欲しいなーってずっと考えていました。

雑貨とか文房具とか、小さいものでは満足できそうにないです。

風景が変わるでっかいものが欲しくなります。

それで気分を変えたいんです。

学校はあれこれ刺激があるので、

「そう」の時は今までとても楽しかったんです。

だから「そう」の私こそが私だと、ずっと思い込んでいました。

たぶんですが私は、少ししんどいくらいが標準なんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です