HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは生まれつき普通の人より敏感で繊細な人のことです。詳しくはこちら▶️

双極性障害の話

こんばんは。プチ子です。

母に双極性障害のブログを書いて欲しいと言われたので書こうと思います。

うまく書けないかもしれませんがそう言う障害もあるんだな程度で見てくださると嬉しいです。

私が双極性障害だと診断されたのは中二の冬ごろです。

その時鬱病の診断を受けて、鬱病に効く薬を飲んでいたので、

双極性障害の薬に変えました。多分2ヶ月ぐらいかな?飲んでいたと思います。

その後すぐに病気が治ったので、その時は自分の双極性障害をそこまで問題視せずに通り過ぎました。統合失調症を患っていたし、そっちの方が私にとってはしんどい事だったので。

それで私も母も双極性障害って言われたことは覚えていたけどそこまで深く

分析せずに生活してきました。

でも最近、1年ぶりくらいに友達と遊びに行った時に、色々気づいたことがあって。

私、幼い頃は、友達と遊ぶのが本当に好きだったんです。

その時間が何にも変えられないくらい好きだったんです。友達とくだらない話したり、ゲームセンターに行ったりすることが。

でもその友達と遊び終わった後、家に着いたら、とてつもない疲労が襲ってくるんです。疲労なのかな?わかんないけど。

急に鬱病みたいな状態になって、さっきまで遊んでいた友達の些細な行動とかにすごくイライラするようになるんです。

イライラして、母に話すんですけど、母は困惑するわけじゃないですか。娘がさっきまで遊んでいた友達のことを悪く言うわけだから。

それで、私はその時何を考えてそんな行動をするのかというと、

私はその友達にイライラしている瞬間、さっき友達と楽しく遊んだことはスポーンと記憶から抜けていて、ほとんど覚えていないんです。

なんだか薬物を吸った状態みたいになって、普段の自分では考えられないほど

ハイテンションな状態になって友達と会話してしたんだと思います。

だからそのハイな時の会話や、行動が思い出せていなくて、

家に帰って鬱状態になったときに、

なんで私は遊びに行ったんだろうとか、なんで会話したんだろうとかいう思考になってきて、イライラして、その一緒に遊んでいた友達のせいにして、その子のことを嫌いになってしまう。

そういうことが何回かありました。

母はこの一連の流れが理解できなくてトラウマだったって言ってました。

私は今思い返せば、この行動は躁鬱みたいなものだったのかなと思います。

私はそもそも人と会ったり会話したりするのが得意じゃないけれど、躁状態の時にどうしても人と遊びたくなって、遊んでしまう。

それで家に帰ったときに、鬱状態の自分が戻ってきて、体の限界とか心の限界とかを思い出して躁状態の自分を後悔する、みたいな。

私はそのとき訳が分からず、イライラするのはその遊んだ友達のせいだと思っていましたが、鬱状態の自分が躁状態の自分にイライラしていたんだと思います。

友達にも母にも悪いことしました。(笑)すまん。

最近、何のストレスも感じていない状況で友達と会ってみたけれど、やっぱり躁鬱状態になりました。

今、その友達と会話したこととか覚えてないんで。やっぱりハイになって会話してたんだと思います。

その後一週間ぐらい寝込んだしね。

でももう友達のせいにはしなくなりました。全然友達のせいじゃないんで。自分の疾患のせいなんで。

長々と書きましたが自分の双極性障害は人に会うことで発生するみたいです。

人によって躁の時の行動って違うみたいですよ。大量に買い物してしまったり、暴飲暴食してしまったりとかで。

自分はあんまり治る病気じゃないのかなと思ってます。幼い頃から若干出ていたし、今でもあんまり治ってないし。(もちろん悩んでいる人はちゃんとお薬飲んだほうがいいけど)

いろいろ分析したりして自分の疾患と付き合って行こうかなと思います。

長文すみませんでした。ここまで読んでくれた人、ありがとうございます。

風邪に気をつけて良いクリスマスをお迎えください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です